エッチなことは何も言わないがエロい唇で迫ってくるヤバい女

相手の性別年齢職業
女性30代前半専務秘書
出会った場所利用サイト投稿日
東京 江東区wakuwakumail2017.12.09

そそられるエロい唇と甘い口調

エロい唇にほだされて、30代の年上女性のセフレになった。

サイトに貼ってあった写真はとても清楚で、いかにも専務取締役の秘書という印象があり、なんとなく惹きつけられてデートに誘ったのだが、実際に会ってみると思いのほか俺を見つめる目が色っぽく、挙動も誘惑色で、俺は何も喋れなくなった。

特に唇がきていた。

その赤くてエロい唇が軽い笑みと甘い口調に連動するように蠢くさまは、すでにベッドインして男の皮膚と粘膜に吸い付いてくる唇以外の何でもなく、会話の内容に性的なものは一切ないが、少しずつ俺を誘惑しているのは間違いなかった。

清楚な雰囲気の彼女に惹かれて会いに来た俺だったが、そのときはエロい唇に惹きつけられていた。

形のいい厚めの唇に光る縦皺の線。

しっとり濡れた紅。

ああ、たまらない。

「さっ・・・これからどうしよっかなあ」

エスプレッソの飲み終えた彼女がじっと俺を見る。

―これからどうしようかって・・・やることはひとつっきゃないだろう―

そしてそれは、思惑通りになった。


自然と顔と体が彼女にくっついていく・・・うう、もうだめ!

考えてみたら彼女とは性的なことに関する会話は一切していない。

ラブホに行こうと誘ってもいないし、誘われてもいない。

だがふたりは自然にその系統の建物に足を向けた。以心伝心とでもいうのだろうか、互いの欲するところは互いにわかっていた。

だがさすがとラブホが近づくと、彼女も歩調が遅くなり、落ち着かなくなり、さかんに髪をいじるようになった。ふと見るとエロい唇は潤いを増し、頬がほてっている。

―ああ・・・もうだめだ・・・この女と早くセックスしたい―

「早く入ろう」

俺は彼女の手を引いて中に入った。最終的には俺が彼女をホテルに連れ込んだかたちになった。

エアコンのききが悪い部屋で蒸れるようなセックスをしたあと、彼女がこんなことを言った。

「こんな風にいきなりエッチしたの初めて」

「俺も」

俺は何度キスしても飽きないエロい唇にまた吸い付いた。

彼女とは今でも不定期に会っている。

混雑した待ち合わせ場所で、そのエロい唇は都合のいい目印になっている。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















エッチなことは何も言わないがエロい唇で迫ってくるヤバい女