女の唾を飲みたい男は変態か

相手の性別年齢職業
女性20代前半アルバイト(ゲームセンター)
出会った場所利用サイト投稿日
神奈川 鎌倉市happymail2017.12.17

変態プレイを許してくれる女だったらいいな

それが変態だと思っていても、相手によってはごく普通のプレイだったりする。今回出会い系でたまたま見つけた軽い女とプレイして、俺は自分が決して変態男ではないのだと知って安堵した。

サイトで何度も見たことのある女だった。掲示板の状態を見て「ああ、まだいるのか。相手見つかっていないのか」と町で通りすがりの店の様子を眺めるような体で彼女を見ていた。俺も出会い系に来た目的が特殊だっただめ、彼女と同様に相手が見つからないままだった。女の唾を飲みたいなどというマニアックな願望を持った男を相手にする女が果たしているのか。俺は慎重だった。

だが見つからず、俺はついにその女の掲示板に行き着いた。改めて見ると軽そうな女で、いかにもヤリマンといった感じ。セックス以外やることがないといった風の女。常識的な感覚を持っている男であればたしかにここに来ないだろう。同じやりもくの男であったとしても、もっと個性的な光のある女を選ぶに違いない。

だが女は快く接してくれて、あいているときならいつでも会っていいと言ってくれた。

「少し過激なことするかもしれないよ」

「たいていの驚かない女の子だから、わたし」

選ぶとしたらこの女しかいないと思った。


それって別に変態じゃないじゃん・・・うれぴよな言葉

「あっ やっと会えた~うれぴよ、うれぴよ」

会うなりそんなギャル語を口にする。金髪でメイクも派手。歩いている途中、だるいといってたまにしゃがむ。

「このヒール歩きにくくってさ」

踵の高いこれまた派手なヒール。歩くと高い音を立てる。

「ホテルで休もっか」

「その言葉、いただきます。うれぴよ」

ホテルに入ると、抱きしめてキスし、舌を口の中に入れた。どきどきする。あの願望が首をもたげる。

「変態だって思われるかもしれないけどさ・・・お願いがある」

「変態さんの、おーかげです・・・ってね。あれは兵隊さんか。死んだひいおじいちゃんがよく歌ってたな、昔の歌。あははは」

「あのう」

「何? 変態さん」

「唾飲みたい・・・君の唾」

「あははは・・・なんだそんなこと・・・別に変態じゃないじゃん。ガチディープキスしたら相手の唾くらい飲んだりするじゃん。舌に唾ついてるんだし」

うれぴよな言葉だった。感動した。

仰向けになり、口を少しあける。彼女は舌を入れてきて最初はディープキス。頬に髪の毛があたってくすぐったい。でももっとくすぐったかったのは、彼女の生ぬるい唾がタラーッと口の中に入ってきたときだ。特に味はないが、それが女の唾だと思うと激しく勃起した。

「勃起したの? よっぽど好きみたいね」

「好きだよ・・・好き! 女の唾大好き」

「こんなもんでよかったらいつでもあげる」

それから騎乗位セックスを始めた。フィニッシュのときにはまた唾を出してもらって、それを味わいながら射精。

相手が相手だから変態扱いされなかったのかもしれないけど、それでもいい。

自分の居場所が見つかったからうれぴよ。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















女の唾を飲みたい男は変態か