ラブホに入ったら、何もしなくても男と女になった気分になれる

相手の性別年齢職業
女性25歳OL(製薬)
出会った場所利用サイト投稿日
群馬 高崎市yyc2017.12.05

出会い系の女と初デートの日にラブホに誘ってみた

「エッチ目的お断り」

を特に強調する女と出会った。俺はどちらかというと即エッチ派なので、いつもならそういう類の女はスルーするのだが、彼女はことのほか綺麗で、ゲットしてみたくなったのだ。すぐに男と女の関係になれなくても、仲良くなりさえすれば、時間とともにエッチの可能性も出てくるに違いない。

連絡してみたら、意外に早く返事が来た。会いたいとも会いたくないとも書いていない曖昧なメールだったが、あまり男からのアポイントがないような気がした。「エッチ目的お断り」ばかり主張する女は、少し取っつきにくい。これが世間の男たちの率直な思いだろう。

もう一度会いたいとストレートに書いたら、エッチ目的じゃないなら会ってもいいと返ってきた。どこまでもエッチを否定する女だった。

だが綺麗な女なので会うことに。

綺麗な顔をしているが、退屈な女だった。話題が豊富じゃないし、趣味もないようだ。日頃仕事しかしていないようで、朝早く夜遅いらしく、休みの日はほとんど寝ている。

俺はためしに言ってみた。

「エッチなことは絶対にしないと誓うから、ラブホに入ってみない?」

当然反対された。

「ふだん入ることのないところに入ってみるのも気分転換になるよ」

「そうかな」

「ラブホテル探検ツアーだね」

そんな風に言うと、好奇心がわいてきたようで、ラブホ行きを承諾してくれた。


一時間くらいで出てきたけど、二人の雰囲気が入る前と後で違った

彼女はラブホに初めて入ったようだ。

派手な内装や、大きなダブルベッド。ラブチェア。アダルトグッズの自販機。彼女は顔を真っ赤にして、ベッドの片隅でうずくまった。

「嫌らしいのひとことね・・・不潔だわ」

「エッチする気にならない?」

「ちょっと・・・約束守ってよね」

警戒して身をすくめる。

「男と女になったらさ、こういうところに来たくなるもんだよ。ラブホが嫌いなカップルって、あまりいないもん」

「そうなんだ・・・」

ラブホから出てきたら、あきらかに出会ったときと雰囲気が違っていた。ラブホに入っただけで、男と女になった気分だった。男女の距離がかなり縮まっていた。

あれから2回ほどラブホ見学ツアーをしているが、彼女もだんだんと慣れてきている。暑くて汗をかいた日、ひとりでシャワーを浴びたりする。

「すごおい・・・ジャグジーだよ!」

そんな風にはしゃいだりする。

彼女とラブホでエッチする日はそう遠くないと思う。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















ラブホに入ったら、何もしなくても男と女になった気分になれる