愛のクリスマスプレゼントはアナル舐め

相手の性別年齢職業
女性20代前半アルバイト(エステサロン受付)
出会った場所利用サイト投稿日
千葉 流山市wakuwakumail2018.03.20

お互いにプレゼントしてほしいものをリクエストし合った

出会い系で20代の女性と知り合い、恋人関係にある。

今では恋人だと堂々と人に紹介できるまでになったが、ここまで来るのにいろいろと紆余曲折があった。メル友の時期が長くてなかなか会ってもらえず、やっと会えて調子にのってエッチに誘ったら体目的お断りとか言ってしばらく音信不通になったり、でも「この前は言い過ぎました」なんてメールが来て仲直りしたり。

でもそういう紆余曲折の中で、ちゃんと愛が育っていた。今でははっきりと彼女のことを愛していると言える。

この前、ふたりにとって最初のクリスマスイブを迎えた。

「プレゼント、何がいい? リクエストして」

彼女がそう言う。

俺は以前からリクエストしたかったプレイを思い浮かべた。

アナル舐め。

クリスマスの夜にアナル舐めをしてもらうのも不謹慎だが、一度されてみたいと思っていたのだ。

「何がいい? できれば私の愛情を込めやすいプレゼントがいいわ」

「愛か・・・」


愛がなければ絶対できないアナル舐め

アナル舐めをリクエストしたらどんな反応をするだろうか。また以前のように嫌われて音信不通になるだろうか。

だが俺は本当にアナル舐めをしてほしいのだ。彼女の舌でアナルをぺろぺろ舐めてもらいたい。

「何がいい?」

「アナル舐め」

「は?」

「アナル舐め」

「あなるなめ? それ何? 飴? お酒のおつまみ?」

「尻の穴を舐めてほしいんだ」

「!?」

彼女は顔を真っ赤にしてふくれっ面をしたが、それは愛がなければできない行為だと真剣に説いた。不潔なお尻の穴を舐めるなど相手のことを本気で愛し、心中しても構わないくらいの覚悟がなければできない行為だ。

「逆に言えば、アナル舐めができないってことは僕を愛していないのと同じ」

そういったら、彼女は応じてくれた。意地になっていた。

ずっとしてほしかったアナル舐めを体験し、俺は満足した。彼女の「愛」を感じた。そして僕も彼女のアナルを舐めてあげた。

クリスマスイブの夜、僕たちは愛の契りを交わした。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















愛のクリスマスプレゼントはアナル舐め