両刀使いの女とセックスした感想

相手の性別年齢職業
女性20代後半音楽講師
出会った場所利用サイト投稿日
栃木 宇都宮市wakuwakumail2018.04.28

女は誰でもレズビアンになれるのか

男も女もどっちもいけるという両刀使いの女だった。

彼女の中には男を愛する普通の女と、女を愛するレズビアンとが同居している。

「両方いけるというのが信じられない」

言うと、垂れ目のきらっとした瞳をさらに三日月にしてほほ笑んだ。

「女はもともと受け身だから、相手がだれでも関係ないみたい。どっちかというと相手が女の人のほうが清潔だし優しいし柔らかいから気持ちいい」

たしかに女同士腕を組んだり手をつないで歩いている姿を街中でよく見かけるが、あれは決してレズのカップルではないのかもしれない。女は普通にああいうことができるのかもしれない。

俺も彼女を前にして、相異なるふたつの感情が生まれていることを自覚した。

気の抜けたような気分と、ぴりぴりした気分。

これは何だろう。


体目的としか思えない両刀使いのセックス

お茶したり散歩したり、ラブホの近所をうろうろしたりしているうちに、自分の中に潜むものがだんだんわかってきた。

レズビアンから好かれる男というのはまれな男で、自分は選ばれた男であるという張り詰めた気分。

両刀使いというのは、要するにどっちでもいいわけで、そこには愛というものがなく、しょせん俺はつまみ食いの体目的でしかないというふぬけた気分。

そういう相反する感情の間に立っていた。

「暇だからあそこ入ろうか」

と顎の先でラブホを指したら、ペッティングだけならいいと言った。

両刀使いとはいっても、私はどっちかというとレズビアンで、男とはセックスしたことがない(男性自身を挿入したことがない)と言う。

―やっぱりつまみ食いじゃないか―

彼女とはホテルでペッティングした。そのとき俺はベッドの中に二人の女を見た。

女を愛する彼女と、彼女を愛する女。キスしたり乳首を舐め合ったりしていると、二人の女がそこにいることに気づく。女は、こんな風に彼女に奉仕しているのだろう。彼女が女を愛するとき、こんな風に舌を絡めてくるのだろう。こんな風に乳首を舐めるのだろう。俺はセックスから離れた位置で、二人の女を見た。

両刀使いの女と一緒にいると、複雑に色んな雑念が浮かんできて落ち着かない。

初日でおさらばした。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















両刀使いの女とセックスした感想