いつの日かおっぱいを心行くまで揉める日がくるさ

相手の性別年齢職業
女性20代前半家事手伝い
出会った場所利用サイト投稿日
群馬 前橋市happymail2018.03.04

その家事手伝いの女の子のブルブル揺れるおっぱいに興奮

すぐそこにあるおっぱいを揉めなかった話をしよう。残念な結果に終わったが、逆にいうと、ある種の光明を得た出会いだった。

その女は掲示板の写真を見たときからおっぱいが大きいことがわかっていた。女の生のおっぱいをまじまじと見た経験が少ないからそのおっぱいが巨乳かどうかにわかにはわからなかったが、巨乳に限りなくちかいおっぱいだったのではないだろうか。そのへそから上半身の写真に釘付けになり、他の女のページに行こうという気になれなかった。付き合ってくださいと何度もメールした。俺の彼女に対する動機はおっぱいだけだった。「このおっぱいを揉みたい」これだけ。

女は半分面倒くさそうに会ってくれた。会ってあげないとメールがうるさくて仕方ないわ、みたいな気持ちが伝わってくる。それでもいい。とにかくそのおっぱいに近づきたい。この一心。

前橋市内で会ったが、歩いているときにおっぱいがブルブル揺れる。微かにブラの形がわかるのでノーブラではないとは思うが、ブラでは制御不能になっているようで、ブルブル揺れる。女とは会話が続かなかった。俺はおっぱいばかり見ていた。


近くて遠いおっぱい・・・でもそれでいい

(ああ、揉みたい)

俺は童貞で、素人女も風俗嬢も知らない。もちろんおっぱいを揉んだこともない。一度でいいから揉みたい。女のそばにいると、おっぱい妄想がどんどん膨らんでくる。目の前にはおっぱいしかない。俺の眼球にはおっぱいしか映っていない。

(揉んでみたいとお願いしてみようか)

おっぱいを揉んだことがない男は、もちろん女に対して「おっぱい揉みたい」などと言ったことはない。女の前で「おっぱい」という単語を口にしたこともない。俺はそのとき岐路に立っていた。人生初の岐路。おっぱいへの道が切り開かれるか否かの分岐点。

喫茶店で退屈気に窓のむこうの車道をぼんやり眺めている女にむかって、俺は口火を切った。

「あのう・・・君のおっぱいを揉みたいんだけど」

「・・・・・?」

異常な告白だったと思う。何の脈絡もなくそんなことを言うなんて、今から思い返してみると常軌を逸している。ディープキスをしている最中だったとしたら許されるかもしれない。抱きあって二人とも性の花園をさまよっている最中だったら受け入れられたかもしれない。初対面の何の感情の結実もない退屈な空間の中で、その一行の言葉はあまりにも浮いていた。

「よく聞き取れなかった・・・もう一度言って」

「君のおっぱいを揉みたい」

「今度ね」

女はその一言で俺の進入を遮り、コーヒーをずずずと飲んだ。

その日は女が用事があると言ってお茶だけで別れたが「今度」はなかった。女から連絡はなく、こちらから連絡しても無反応だった。放流された。

すぐそこにあるおっぱいが手に入らなかった。

だが決して後ろ向きな気分ではない。俺はおっぱいに向かって貴重な第一歩を踏み出した。「おっぱいを揉みたい」を女の前で言えたのは、俺にとって革命と言ってもいい。おっぱいが少しだけ近づいた気がする。

出会い系でまたがんばる。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















いつの日かおっぱいを心行くまで揉める日がくるさ