独り身だけどたくさんセックスしているから寂しくない彼女

相手の性別年齢職業
女性37歳OL(総合商社の事務)
出会った場所利用サイト投稿日
栃木 小山市wakuwakumail2018.09.20

セックス相手がいれば独り身のほうがむしろ気楽

30代後半だと書いてあったから人妻だと思ったが、メール交換を始めたら独り身の女であることがわかった。最近ではアラフォー独身女も珍しくなくなった。ある程度収入もあり充実した日々を送っていれば、妊娠、出産、子育てと女の職業生活を委縮させる結婚はむしろマイナス要因でしかないのかもしれない。女の幸福は結婚、という言い方は時代錯誤な死語だ。

「ちょうどセフレと別れたばかりなの…あなたと私、うまく行けばいいわね」

「会ってみますか」

「気に入ってくれたらいいけど…年上女だけど」

「僕は年上女性が嫌いではないです」

もともと人妻と出会うためにワクメに来たのだ。年上であることへの抵抗感は微塵もない。

彼女とはすぐに深い関係になった。まるでそうすることが当たり前のような流れだった。デート3回目に飲みに行ったが、そのとき彼女が独り身でいることについてコメントした。

「エッチする相手がいれば、独り身のほうがむしろ気楽かな」

わかる気もする。


オナニーしたら弱い自分が見えてくるから嫌

そう考えてみると、出会い系では彼女のような女をちらほら見かける。関心がなかったので気にしなかったが、老け顔を濃いメイクで誤魔化したような妖しい女がたまに目に止まる。いずれもセフレ募集をほのめかすような掲示板タイトルを掲げていて、夜のラブホ街の立ちんぼのように、不特定多数の男にむかって媚びを売っている。

彼女たちはみな結婚以外のことはひととおり身につけている賢い女なのだ。普段は颯爽と仕事し品格を保っている。だが出会い系ではうんと淫らになって「男」を得る。社会生活と性処理を完璧に切り離している。

「オナニーとかするの?」

「どうしようもないときは、するかな。でもオナニーしたら、私は寂しい女なんですって言っているようで嫌なの…自分の中にいる弱い女を見ているようでね。弱い私なんて許せない」

「相手がいたほうがいい?」

「そりゃそうよ。オナニーよりセックスのほうが明るいし、オシャレだし」

「いっそ誰かと結婚すれば」

「それはどうかって思うのよね~だって結婚生活ってセックスだけしてりゃいいってもんじゃないでしょ?」

煩わしい男性関係はまっぴら。ふだんは独り身で、セックスしているときだけ男とつながっていたい。

出会い系にいると現代の女が見えてくる。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















独り身だけどたくさんセックスしているから寂しくない彼女