一日でま○こが嫌いになった恐怖のマン毛

相手の性別年齢職業
女性26歳アルバイト(コーヒーショップ)
出会った場所利用サイト投稿日
東京 調布市pcmax2019.01.17

パンティからハミ出るほどの鬱蒼マン毛に震えた

ま○こが嫌いな男はいない。これは常識だ。

男は中学生くらいからま○こに興味を持ち始め、その欲望は棺桶に入る直前まで維持される。種をまいて子孫を増やす使命を持ったオスにとって、ま○こは永遠に咲く憧れの花なのだ。オスは死の直前まで、女の股に咲く花を瞼に浮かべる。

だが俺は一晩でそのま○こが嫌いになった。見たくもないし考えたくもない。

理由は出会い系で知り合った女のマン毛のせいだ。その鬱蒼としたマン毛に囲まれたま○こは、怪物に見えた。一瞬にしてま○こが嫌いになった。おそらくその女のま○こに限ったことであり、世の中にはもっと可憐なま○こがあるはずなのだろうが、当分はいい。

見た目は普通の女で、怪物ま○この持ち主には見えない。三回目のデートでラブホに入ったのだが、裸にするとき期待した。

(ああ憧れのま○こちゃん……)

セックスするのは一年ぶり。ということは生のま○こを見るのも一年ぶり。胸はどきどき。ち○こはカチカチ。ストッキングを脱がせる。

(す、凄いマン毛だ!)

パンティのフロントの部分が真っ黒で、クロッチの脇からマン毛がハミ出ていたのだ。「ハミ毛」なんてものじゃない。ハミ毛にはどこかエロ女の哀愁があるが、彼女のそれにロマンはない。パンティに毛が生えているようなイメージだった。


女のマン毛は薄く狭く生えているものだと思うのが普通

普通、女のマン毛は薄く狭く生えているものだと思うだろう。毛は生えているが控えめで存在感がなく、陰部の筋もくっきり見え、ふっくらした唇のふくらみも麗しい。毛はあくまでも添え物程度で、邪魔にならない。

だが彼女のま○こはマン毛が前面に出て自己主張していた。パンティを脱がすと、鬱蒼としたマン毛の原生林がぼわっと飛び出て、炎のように吹き上がった。どこからどこまでが恥丘かわからず筋も見えない。膣はかろうじて確認できるものの毛が邪魔してよくわからない。

それにいやな臭いがした。

その臭いはおそらくマン毛のせいだ。鬱蒼としたマン毛のおかげで雑菌が増殖し、それが異様な臭気を生んでいるのだ。

(クンニはむりだ)

俺は指で触る程度に刺激し、ま○こから一歩引いた位置でセックスした。

それからま○こが嫌いになった。

セックスは好きだが、少なくとも彼女のま○こは嫌いだ。

こんど陰毛処理を勧めようと考えているが、植木屋さんとか草刈り職人みたいな業者に頼んだ方が良さそうだ。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















一日でま○こが嫌いになった恐怖のマン毛