巨乳が果たすべき役割をちゃんと知っていた女

相手の性別年齢職業
女性20代前半アルバイト(弁当屋)
出会った場所利用サイト投稿日
茨城 土浦市happymail2019.05.17

どうすれば巨乳を楽しめるのか

巨乳女はそういない。なかなか出会えない。とくに昨今は地球環境の問題か、気温上昇で乳が溶け、女の胸が小さくなっている気がする。出会い系で巨乳に出会うのは希有になってきた。

だが幸運なことに、今俺は巨乳と付き合っている。ハピメで知り合った、土浦産の巨乳女だ。軽くF、無理してGといった感じで、プロフの書き込みの段階でその豊かな高張りを写真に露出していた。白い双乳が押しおしくら饅頭のように寄り添っているのが、しどけないセクシーブラウスの襟ごしに見えていた。

俺は彼女の顔や人間性よりも巨乳を重視してメールした。巨乳にメールしたと言っていい。

「君のその温かくて柔らかそうな布団にもぐりたい」

「意味不明だけど気持ちはわかる」

寛容な女でよかった。

まだ20代前半なのに、男がわかっている。

俺は会ったその日にラブホに連れ込み、巨乳の世界をさまよった。巨乳女とのセックスは初めてだったので、どうすれば巨乳を楽しめるのかわからず、揉んだり舐めたり試行錯誤していた。その大きくて柔らかい肉のかたまりを、正直持て余していた。


巨乳の遊び方を教えてくれた巨乳女

すると女が微笑みながら立ち上がり、俺の下半身に移動したのだ。

そしてそのぶるぶる揺れる巨乳を下から持ち上げると、こう言った。

「挟むわね」

女はパイズリを始めた。

「ほんとはローションかますんだけど、自販機で買うの面倒だから唾でね」

陰茎に唾をたらし、巨乳でモミモミ、スリスリ……。これが超気持ちいい。

「気持ちいいでしょ? わたしのおっぱい」

「あう……やばあい」

それから巨乳を顔に押しつけたり、巨乳コキ(挟むのではない。陰茎に擦り付けてマッサージする)を実践してくれた。

女は巨乳の遊び方を教えてくれた。

能力のある者は、世の中においてその能力を正しく行使する義務がある。サッカーの才能がある者は日本代表になるべきだし、テニスの天才はウインブルドンで優勝すべきだし、売れっ子小説家はノーベル賞を目指すべきだし、俳優はハリウッドを夢見てほしい。

ゆえに巨乳女も、その巨乳をもって世の中に貢献する義務がある。

彼女はそれを実践していた。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















巨乳が果たすべき役割をちゃんと知っていた女