マゾ女に玄関フェラをやらせてみた

相手の性別年齢職業
女性21歳アルバイト
出会った場所利用サイト投稿日
埼玉 さいたま市mintj2017.04.09

いきなり本性を現したマゾ女

出会い系で知り合った後にあきらかになったのだが、彼女はマゾ女だった。

その手の嗜好を持つ人はアブノーマル掲示板などで同志を見つけるのが通例だが、彼女はノーマルなアプローチで俺に出会った。たぶん他の一般女性と同じように振る舞いたかったのだと思うが、ある夜ベッドインした際、ついにその本性をさらした。

「あたしね、縛られたい人なの」

彼女にその性向があるのはすでに察知していたので特に驚かなかったが、急に言われても縄はなく、
その夜は桃尻にスパンキングして事なきを得た。

―今度この女にどんなことをやらせようか―

マゾ女であるから屈辱や凌辱を快感に変える能力を持っている。

俺はあるプレイを思いついた。

玄関フェラ。

ぜひやってみたい。


玄関フェラは済んだからもう用はない。帰っていいよ

親と同居しているので、親のいない日を選ぶ必要がある。

玄関フェラを思いついた日から起算して4日後に親が祖父の米寿祝いで実家に行くからそのときしかない。

「25日の午前9時に俺の自宅に来てほしい」

そう彼女にメールした。

「お邪魔するのを楽しみにしています・・・縄とか手錠とか持っていくね」

「手ぶらでいい」

玄関フェラに必要なのは口と舌だけだ。

そして当日、9時ちょうどに彼女がやってきた。俺は玄関で迎えると、土間で靴を脱ごうとした彼女を制した。

「靴は脱がなくていい。式台に膝をついてフェラしてくれ」

「ええ?」

「君を呼んだのは玄関フェラをしてほしかったからだ」

彼女は言われたとおりに式台に跪くと、ジッパーを下して即尺を始めた。禁欲していたので2分ほどで液が飛び出し、彼女の口の中、顔、一部は床に散った。

「床の液もきちんと舐めて掃除しておくようにね」

後処理が済むと、彼女は今度こそ靴を脱ごうとした。

「脱がなくていい。玄関フェラは済んだからもう用はない。帰っていいよ」

これ以上の凌辱があろうか。彼女は京浜東北線で40分もかけてここにきたのだ。普通の感覚をした女性なら発狂したように怒り出すだろう。

だが彼女は違った。泣きそうな目に恍惚とした光が浮かんでいたのである。

―今度この女にどんなことをやらせようか―

彼女がいなくなったあと、式台に腰かけて考えた。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















マゾ女に玄関フェラをやらせてみた