相手が非処女であってほしいと願っているのは俺だけか

相手の性別年齢職業
女性20代前半不明
出会った場所利用サイト投稿日
群馬 桐生市yyc2020.07.14

処女とのセックスは面倒くさいのひとこと

日本の男は処女が好きだ。ほかの男に冒されていない新品。どうせなら俺のチ×コで穴を開けたい。彼女の膣を通過する最初のチ×コは俺のチ×コでありたい。日本の男はそう願っている。婚活サイトでも処女専門の業者があるくらいだ。男はバージンに飢えている。

だが俺は逆だ。

女とするなら非処女でなければ困る。今YYCで知り合ったとある女と交際中だが、会う前、彼女が非処女であることを天に祈っている俺がいた。その願いは叶った。彼女は立派な経験者だった。

ではなぜ処女が嫌いなのか。

四ヶ月ほど前、別のサイトで処女と知り合って一ヶ月後にセックスしたのだが、面倒くさいのひとことだった。

「わたしのことをこれからも大切にしてくれるならしてもいい」

精神面でのケアも必要だし、挿入時、ピストン時もやたら気を使う。出血するし痛がるし、しまいには性的興奮も冷めてきて、ぜんぜん気持ちいいセックスではなかった。

あの日から出会うなら非処女でないといけないと思うようになった。


よかった……穴が開いてる

―非処女でありますように―

待ち合わせ場所で彼女の顔を見たとき、俺は最初にその言葉を頭に浮かべ、改めて天に祈った。というのも彼女はまだ若く、見た目も清純の色が消えていなかったからだ。服装も派手ではなく、明るく喋るしよく笑う。「箸が転んでもおかしい年頃」という表現があるが、この言い方が彼女には似合っていた。

ラブホに入ったのはそれから四日後だった。

―こんなに簡単にラブホ行きを許してくれるんだから経験者に違いない。がまだ余談を許さない。ラブホがどんなところか知らない生粋の処女かもしれないではないか―

だが抱いてみてすぐにわかった。陰唇の色とかビラつきから経験済みマンコであることは明らかで、入れてみると奥まですんなりと入ってしまったからだ。

「ああん……奥まで来てるわ……あんっ、気持ちいい……」

明るい喘ぎ声。

―よかった……穴が開いてる―

俺は彼女とセックスを楽しんだ。

最初からセックスを楽しめる非処女が俺は好きだ。

だが欠点が一つだけある。

経験済み故にマンコが肥えていて、すぐにほかの男根をほしがることだ。浮気っぽいのが非処女のいけないところ。処女にはそれがない。

だがそんなリスクを抱えても、やはり非処女のほうがいい。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















相手が非処女であってほしいと願っているのは俺だけか