彼女が知らない俺の正体……実は靴フェチ

相手の性別年齢職業
女性24歳アルバイト(カラオケ店員)
出会った場所利用サイト投稿日
群馬 伊勢崎市YYC2020.11.23

告白する……俺は女の靴の異臭が大好きな「靴フェチ」だ

この出会い系体験談を通して告白したいことがある。

今まで誰にも言わずにいた。もちろんYYCで出会った彼女にも話していないし、俺の素性も今のところバレてはいないと思う。

俺は「靴フェチ」で女の靴の匂いを嗅ぐのが趣味。昔、温泉旅館でバイトしていたとき、女性客が湯に出かけたのを見計らって、部屋の靴箱のヒールの匂いを嗅いでしまった。ちょっとしちゃ出来心だったが、酸味のある異臭に興奮し、思わずそのままオナニーをしてしまった。そのときから俺は靴フェチに目覚めた。匂いに興奮するのもさることながら、こっそりと女の秘密の匂いを嗅いでいる自分に興奮した。

あれから俺のオナニーのおかずは女の靴の匂い。匂いを思いだしながらオナニーに耽っている。

ちなみに蒸れた靴の匂いはカプリール系の分解臭で、これは膣内の脂酸と同じ成分なのらしい。

興奮するわけだ。

そんな俺が出会い系サイトに登録したのは、ある意味女の靴が目的だった。出会った女の靴の匂いを嗅ぎたい。その一心だった。


ラブホに入ったときにこっそり匂いを嗅がせてもらっている

出会った女はごく普通の女だった。24歳でぴちぴちした女だが、顔は普通。性格も普通で、特に際だった個性はない。こういう女に出会うと。靴フェチは興奮する。嗅ぐ靴は平凡な女の靴でなければならない。変わった女やとびきり美人の女の靴は、特殊な匂いがする気がする。俺はどこにでも漂っていそうな、平凡な靴の匂いが好きなのだ。

その女とホテルに入ったのは出会って四日後のことだった。口説き倒してホテルに連れ込んだ。

「シャワーどうぞ」

「いいの?」

「いいよ」

もしかしたら俺から一緒に入ろうと言われると予想していたのかもしれない。彼女は少しほっとした模様。

そして彼女がバスルームに姿を消した次の瞬間、俺は彼女のパンプスを手にしていた。そして鼻を寄せてすーっと嗅ぐ。

マンコ臭を彷彿とさせる異臭がぷんと漂う。

(ああ、いい)

もりもりと勃起してくる。

(オナニーしたいな……でも我慢だ。これからセックスなんだから)

それからセックスさせてもらったが、できれば靴の匂いをかぎながらセックスしたかった。

でも、そんなことは口が裂けても言えない。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















彼女が知らない俺の正体……実は靴フェチ