まさか彼女の口から「肉棒」という言葉が出るとは思わなんだ

相手の性別年齢職業
女性30歳銀行(コールセンター)
出会った場所利用サイト投稿日
茨城 水戸市ハッピーメール2021.03.16

自慢のペニスを彼女に見せたった

仕事の都合で茨城県の水戸に転居し、寂しさゆえに出会い系サイト「ハッピーメール」に登録して二週間後、とある女性と知りあった。

地元の女性で、俺よりも一歳年上のOLさんだった。

恋人募集中なのか、その場しのぎの遊び相手を探しているのか、どっちとも受け取れるメールに付き合って四日後、とりあえず会ってみようということになった。

メールの文面から察するかぎり快活な女のように思えたが、会ってみるとその通りで、よく笑う明るい女だった。

だが下ネタには関心がないようで、俺がエッチな話題を提供すると面映ゆい顔になって無口を決め込む。まあ、通常の女性はみんなそうなんだけどね。

彼女とは一か月ほどで男女の仲になった。

深い関係になれば、当然互いの性器を披露し合うことになる。見たくなくても見えてしまう。

俺はその点、積極的にペニスを見せた。サイズに自信があったし、彼女の女としての反応を見たかったというのもある。

俺のペニスを見た彼女、なんと言ったと思う?

「わああ、いかにも肉棒ね」

まさか彼女の口から「肉棒」という言葉が飛び出てくるとは思わなんだ。


どこで覚えたのだろか……肉棒という言葉

よく官能小説の中で、ペニス(特にエレクトしたペニス)のことを「肉棒」と表現するが、水戸市内の銀行のコールセンターで働く快活なアラサー女の口から「肉棒」が飛び出てくるなど誰が想像しようか。

俺ももちろんその単語を把握していたが、最初彼女が何を言っているのかわからないほどだった。

だが勃起ペニスを見ながら発する「にくぼう」は「肉棒」でしかない。

彼女はうっとりした目で俺の肉棒を見ていた。

「あの……肉棒って言葉、どこで覚えたの?」

「えへへ。女子会の飲み会」

女同士ではきわどい会話もしていると聞くが、女同士の会話の中で「肉棒」が登場するとは思わなんだ。

「じゃあ、女のアソコのことをなんと呼ぶ?」

「えへへ。肉壺かしら」

互いの性器を見せあいながら、そんなことを会話した。

一見奥手に見え、下ネタが嫌いそうに見えた彼女だが、いったんスイッチが入ったらスケベになるようだ。

まあ、通常の女性はみんなそうなんだけどね。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















まさか彼女の口から「肉棒」という言葉が出るとは思わなんだ